脳ミソ使って生きていこう

ヒガコウの個人ブログ。日々の気づきと考察。雑談もあり。

私のためか、あなたのためか、世界の誰かのためか。

以前、スーパーコンピュータの権威の方と仕事で関わった。

それはインタビューの仕事だったが、ずっとカメラの前で語っていただいた中でとても感銘を受けた言葉があった。

 

 

「学ぶのは、私のためか、あなたのためか、世界の誰かのためか。」

 

 

これは、若者へのコンピューター教育についての話の中で出てきたワンフレーズ。

長い話の中だったけれど、この一言に震えた。

 

 

なんのために勉強するのか?

なんのために仕事するのか?

この解は人それぞれだと思うし、そもそも解を求めない人も多いのではないだろうか。

 

 

人が誰しもが、方向の違いはあれど、幸せを願って生きていると思う。

その幸せとは、誰の幸せなのだろうか。

 

 

この言葉から何が導かれるのかははっきりしないし、正解は一つではない。

 

僕が受け止めたのは

 

学ぶこと、働くこと、生きることは

自分のためでもあり、あなたのためでもある。

ただし、同時に世界の誰かのためになることも意識しなければならない。

 

ということだ。

 

誰しもが快楽を求めるし、嫌なことからは目を背けたい。しかし、世界中の人々が幸せになることが嫌なことだと思う人はいないだろうし、月並みな表現だが「世界平和」を目指したいのだ。

 

いまの人生に少しでも「世界の誰かのため」というエッセンスがあれば、それはとても幸せな人生かもしれない。

 

タイムリーだが、僕はブロックチェーンと出会って「Decentralized:非中央集権」という考え方と出会えたことで初めてこの記事の内容を実感できるようになった。

 

 

もちろんブロックチェーンに皆が共感すべきというわけではないが、世界のために日々努力を続ける人たちがたくさんいることを知ってほしいし、僕も彼らを応援し続けたい。