脳ミソ使って生きていこう

ヒガコウの個人ブログ。日々の気づきと考察。雑談もあり。

仮想通貨「Jコイン」が必要なさそうな理由

仮想通貨についてもたまに記事書いていこうかな。

 

www.nikkei.com

 

今日こんな報道が出ました。

「Jコイン(仮称)」の特徴は

①日本円と等価

②専用アプリで決済

③銀行口座と連動して、日本円とJコインの交換をスムーズに行う

といったところのようです。

 

さて、そこそこ仮想通貨歴のある方々にはこの時点で直感的に必要性が無いと思われるでしょうが、実際にその理由を考えてみます。

 

①日本円と等価

そもそもJコインをひとつの独立した「通貨」と捉えるべきではないですし、発行者もそれは目指していなさそうです。

なので日本円と等価ということは、つまりsuicaやLINE PAYのようなイメージで捉えられます。

そうなると次は、suicaやLINE PAYなどと何が違うのか。それはブロックチェーンを活用することで運用コストを大幅に下げることができることでしょう。

運営側の大幅なコスト削減は、ユーザーへもメリットをバックできる可能性が高いです。送金手数料の低下や、Jコイン特典を受けられる幅が広がります。

 

さて、ここまで良さそうなこと書いてますが、日本円と等価という面については遅いです。

japan.cnet.com

こちら、界隈の方々はご存知でしょうが、既にZenという仮想通貨が日本円相場と連動する目的で立ち上がっています。

BCCCが中心となって企画されているため、ブロックチェーン利用および仮想通貨という立場認識がしっかりしている可能性が高く、銀行が発行するよりもより価値が高いでしょう。

 

 

②専用アプリで決済

これは論外です。

特定のアプリを使わないといけないのであれば、ブロックチェーンでも仮想通貨でもある意味がないです。

Apple payやLINE PAYと勝負する気なのでしょうか?

そしておそらく、Jコインの利用はこの専用アプリ内での利用が大部分でしょう。(ブラウザで履歴ぐらいは見れるかも?)

そうなると、アプリにユーザーを取り込んでデータ取りたいという一方的な意図しか感じません。

①とつながりますが、独占的にアプリユーザーを獲得したいのであればせめてZenのサードパーティーとして大手バンクが出しているというブランディングでもいいのではないでしょうか。既に立ち上がっているプロジェクトを邪魔せずに、発展させていってほしいものです。

 

③銀行口座と連動して、日本円とJコインの交換をスムーズに行う

たしかに、もしJコインを使うのであれば、銀行から勝手にチャージ(またはその場で為替交換)してくれるのは嬉しい。

けれど、①②まで踏まえて考えると、最後の結論が出ます。↓

 

結論

日本円をCtoCでもスムーズに取引できるアプリ(銀行預金と連動)

 

があればベストなのであって、わざわざ独自通貨作らなくていいです。

 

まあ、割り勘アプリとかもあるので、それもあまり必要ないですが。

paymo.life